IT系の面接の注意点を知っておけば採用されやすくなる

トライする

目には目を歯には歯を

履歴書

企業のウェブサイトをチェック

ITのみならず、面接の際には他に何か聞きたいことがないかと質問されることがあります。しかし、この時に何も喋らないとやる気がないとみなされて採用されないといったケースもあるのです。ですので、事前に会社のことを調べておくといいといわれています。例えば、面接に行く会社のウェブサイトをよく見て、分からないことをどんどん質問するといいでしょう。そうすることによって、好印象になるのです。

アルバイトから正社員になった人がいるか訊く

IT系の職業でよくあるのが、アルバイトから正社員になったことがある方が多くいることです。ですので、採用されたいのなら、質問をされた時に、正社員への道は本当にあるのかどうか聞いてみるといいでしょう。そうすることによって、正社員になる気があると判断してもらえるのです。また、その時に具体的な人数を聞くことによって、スキルがないような方でも働き甲斐があることを再確認することができるでしょう。

時代の流れの対応力を聞き出す

IT系の会社は社会問題に左右されがちです。ですので、毎日ニュースをみたり、新聞を読んだりして時代を知ることが大切です。面接では、今気になっているニュースや話題はありますか?と質問されることもあるのです。そういったときに、きちんと答えられるようにすると社会に無関心でない人間であるとアピールすることができます。

仕事のやいがいを質問する

せっかく憧れのIT業界に入るのであれば、やりがいのある仕事に就きたものです。ですので、面接官に対して失礼のないように、働いていて良かった点や悪かった点を聞いてみるといいでしょう。採用されてからが本番ですので、それらを聞いて頭の中でイメージすることによって、意欲が湧いてくるのです。そして、参考にもなるので、質問することに損はないといえるでしょう。まずは実践あるのみです。

面接から入社後をイメージ

面接の際にただ面接官にいわれたことを淡々と答えるだけでは印象に残りません。また、熱意を伝えるためにも、会社に興味があることを思わせなければならないので、ウェブサイトを調べるなどして、会社の気になることについて質問してみるといいでしょう。また、働き甲斐を聞いてみることで、自分がいざ働く時のモチベーションに繋げることが可能です。

広告募集中